『カリパイの日々』 の後を受け継ぐ新たなサブサイト!その名も『カリパイの部屋』

今回の年越しと年明け後を振り返る

どーもこんにちは!カリパイです。

2019年が始まりましたね~。

改めまして、今年もよろしくお願いいたします。

 

フィリピンでは、大体どこも1月2日から通常運転となっていますが、年が明けてからどこへも出掛けていないので様子が分かりません笑。

家にいて感じる周囲の様子は、まだ休み中?って感じですかね。

 

さて、みなさんの年越しはいかがでしたでしょうか。

フィリピンの年越しはド派手に花火を打ち上げ、爆竹を鳴らし、大騒ぎするのが習わしです。

笛をピーピー吹いたり、車やバイクのクラクションなんかも鳴らしたりしますよね。

きっと初めてフィリピンに来た人からすると、なんでこんなにも騒がしいんだ?と疑問に思うでしょう。

疑問を通り越して「うるせーぞ!!」といきり立っていた人もいるでしょうね。

 

実はこの「音出し」には意味があって、大きな音を出すことにより悪い気を追い払うんだそうです。

とはいえ、その本質を意識せず、ただたんに馬鹿騒ぎしたいだけの人間もたくさんいると思いますけど・・・。

 

今回の年越しは、おとなしく家で過ごしました。

よく考えてみたら、このアパートでの年越しは初めてなんですよね。

前回は、バコロドで年越しでしたし、その前は元カノの実家で年越し。

その前は、以前住んでいたコンドで年越しでした。

 

一体どれほど騒がしいのか、少しだけ気になっていたのですが、結果はまぁ想定の範囲内でした。

カウントダウンが始まる少し前から、花火がドッカンドッカンと打ち上がりはじめ、年越しとともに爆竹や各種爆音が一斉にスタートしました。

年越し時は、ヘッドホンをして動画の編集をしていましたがダメでしたね。爆音がスゴすぎて、作業にならず。

それでも、30分ほどたつと、すっかり静かになりました。

うん。カリパイのアパートがある地域は、やっぱり平和ですね。

 

翌朝、1月1日。午前中はとても静かでした。

みんな昨晩の騒ぎで、疲れて寝ていたんだと思います。

昼過ぎからは、カラオケをしている家もあったようですが、これは普段と変わらないレベルの話です。

 

年越しとその後を総括すると、「平和」だったと思います。

ただし、隣のおねーちゃんがやらかしてくれたのはちょっと・・・ね。

頼むから、もう少し上手に歌ってくれよ。

それか、歌わないで。

カリパイだって人のことは言えませんよ。ですが、自覚しているので、近所中に響き渡るような音量で歌を歌おうなんて思いません。

隣のおねーちゃんは、自覚してないんですかね。歌がとてつもなく下手だっていうことを。

 

フィリピン人はみな歌も踊りも上手いって話をよく耳にしますが、ありゃウソですよ。

上手い人もいれば、下手な人もいます。

そんなこと、フィリピンに限ったことではありませーん。全世界共通でーす。

 

とか何とか考えていたら、カラオケしたくなってきました。

そういえば、もうどれくらい歌ってないだろうか。

今度、誰もいない海へ行って、一人で歌ってきますかね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です