『カリパイの日々』 の後を受け継ぐ新たなサブサイト!その名も『カリパイの部屋』

【保存版】Adobe Creative Cloud(アドビCC)を格安で購入する方法

どーも!カリパイです。

ブログの画像やYouTubeの動画を編集をする際、どんな編集ソフトを使うかって悩むところですよね。

カリパイも、あれこれ試しながらいろんなソフトを使ってきましたが、結局落ち着いたところは「アドビ製品」です。

主に使用しているのは以下のものです。

  • Premiere Pro CC
  • Photoshop CC
  • Illustrator CC
  • Lightroom CC

これ以外にも、After Effects CCを只今勉強中です。

何の話かさっぱり分かりませーん!という人は、以下に各ソフトの概要を載せておきますのでご覧ください。※右端の+マークで開きます

概要はアドビ公式HPより引用

Premiere Pro CC

Premiere Pro は業界をリードするビデオ編集アプリケーションで、強力なフォーマットサポート、効率的なワークフロー、またカラー、グラフィック、サウンド向けの豊富なクリエイティブツールを提供しています。映画、テレビ、Web などに対応する美しいコンテンツを編集して仕上げ、配信します。

 

Photoshop CC

Photoshop CC は世界最高峰の画像編集アプリケーションです。写真やイラスト、3Dアートワークの作成、webサイトやモバイルアプリのデザイン、動画編集や描画など、アイデアをカタチにするために必要なものはすべてここにあります。

 

Illustrator CC

Illustrator CC は、印刷や Web、ビデオ、モバイルなど、あらゆるメディアに向けて、ロゴからアイコン、スケッチ、タイポグラフィ、さらに複雑なイラストレーションまでを作成できる、業界標準のベクターグラフィックアプリケーションです。シンプルなシェイプとカラーを洗練されたロゴ、アイコン、グラフィックに変えるために必要なあらゆる描画ツールが揃っています。Illustrator のアートワークはベクターベースなので、モバイルの画面に収まるように縮小したり、広告用に拡大したりできます。サイズを変更しても、その鮮やかさと美しさが損なわれることはありません。

 

Lightroom CC

どこからでも複数のデバイス間(モバイルとWebを含む)で、写真を編集、整理、共有、安全にバックアップすることができます。 Lightroomはクラウドベースのワークフロー向けに設計されており、すべての編集内容を自動的にバックアップして同期します。Lightroomを初めてお使いの方や、モバイルおよびデスクトップPCでの優れた体験を求める経験豊富なLightroomユーザーにおすすめです。

 

After Effects CC

After Effects CC は、アニメーター、デザイナー、コンポジターのための動画編集 / 合成アプリケーションです。映画のようなタイトル、イントロ、トランジションを作成できます。ロゴやキャラクターをアニメーションにすることができます。

 

ただし、このアドビ製品。

最大の欠点は何といっても「利用料金が高い」に尽きますよね。

料金形態は月額制で、利用するソフトの数によって金額が異なります。

たしかに、バリバリのプロのクリエーターさんたちが使用するソフトなので、ある程度金額が高くなってしまうのは仕方ないです。それだけ、ハイクォリティというわけですから。

ですが一般人には高い・・・。でも使いたい!

そこで、あれこれ調べてみると、「アドビ製品を格安で購入することができる方法」が見つかっちゃいました!

というわけで、その方法についてご紹介していきます。

こんな人におすすめ

  • アドビCCの購入を検討している
  • 知り合いにアドビCCの購入を検討している人がいる
  • よく分からんけどこの記事を読んでみたい

正規の方法で購入するといくらするのか?

 

アドビクリエイティブクラウド(Adobe Creative Cloud)は、個人利用の場合、大きく分けて4つのプランがあります。以下に概略だけ紹介します。

※詳細はこちらから

※注意1:価格はすべて税抜き
※注意2:価格は2018年11月30日までのキャンペーン価格

フォトプラン

年間プラン(月々払い):月額980円~

年間プラン(一括払い):11,760円~

※クラウドストレージサイズにより価格は異なる

単体プラン

年間プラン(月々払い):月額1,680円

年間プラン(一括払い):20,160円

月々プラン:月額3,180円

コンプリートプラン

年間プラン(月々払い):月額3,980円

年間プラン(一括払い):47,760円

月々プラン:月額7,980円

コンプリートプラン+Adobe Stock

年間プラン(月々払い):月額7,460円

 

上記価格はキャンペーン価格が適応されているとはいえ、高いですね。

どのソフトを使うかによってプランが変わってくると思いますが、例えば、「写真と動画の編集をしたい」となると、コンプリートプランがお得になります。

これは、すべてのソフトが利用できるプランです。

そうなると、仮に年間プランを一括で支払ったとしても、47,760円となります。

※定価だと、税込み約60,000円です

格安で購入する方法

ここからが本題です。

アドビクリエイティブクラウド(Adobe Creative Cloud)を格安で購入する方法は、学生・教職員だけが購入可能な「学生教職員版」を購入することです。

ちょっと待ってください。私は学生でも教職員でもないんですけど!という人が多いでしょう。

でも安心してください。以下のような手順を踏むことにより、現時点で学生でも教職員でもない人が、学生職員版を購入することができちゃうんです。

それが「オンラインスクールの利用」です。

基礎の動画教材とAdobe CCがセットになった「Adobeマスター講座」を利用する

「デジハリ・オンラインスクール」というオンラインで学習することができるスクールの「Adobeマスター講座」を利用します。

Adobeマスター講座とは

基礎的な動画教材(63時間)と、12ヶ月版のアドビクリエイティブクラウド(Adobe Creative Cloud)がセットになっている講座です。

  • 動画教材(63時間)
  • Adobe CC(1年間のライセンス)

この内容で、受講料はズバリ29,800円(税込み)です!

これは超お得ですよ。63時間分のレッスン動画に、定価だと60,000円(税込み)ほどのコンプリートプランが付いてくるんですから。

これって違法・規約違反じゃないの?

デジハリ・オンラインスクールのHPにこのような記載がありました。

なぜ、講座付きなのにこんなに安いの?

本格的な講座をご検討いただくための、無料体験講座だからです。
Adobeマスター講座では、通常講座の一部を無料でご提供しております。こちらのAdobeマスター講座で、デジハリ・オンラインスクール講座の使いやすさ、わかりやすさを体感していただき、本格的な通常講座の受講をご検討いただけましたら幸いです。

なぜ、こんなに安くなるの?

デジタルハリウッドが、Adobeから認定されたスクールパートナーだからです。
デジハリ・オンラインスクールは、教育の質の高さが評価され、日本に数校しかないプラチナスクールパートナーに認定されています。

というわけで、全く問題ありませんね。

このようにAdobeから認定されたスクールは他にもあるようなので、興味のある人は調べてみてください。

もっと詳しく知りたい!

という人は、デジハリ・オンラインスクールのHPをチェックしてみてください。

簡単に概要をまとめておきます。

  • 費用は29,800円のみ
  • コンプリートプランが利用可能
  • 受講期間は3ヶ月だが、その後もアドビCCは利用可能(1年間)
  • 1ライセンスにつき、2台までインストール可能
  • キャンセルは不可
  • 申し込み後、デジハリからメールで送られてくるシリアルコードを使い、すぐにアドビCCの利用が可能

実際に申し込んでみた

というわけで、カリパイも早速「Adobeマスター講座」を申し込んでみました。

商品を選択後、お客様情報の入力をします。

その後、支払い情報を入力。今回はクレジットカードで支払いました。

はい、無事申し込み完了です。

このように、動画による講座をすぐに受講することができるようになりました。

この後、デジハリからメールが送られてくるのでその内容に従い、次はアドビの方の登録を行います。

はい、やりましたー!こちらも無事登録完了です。

この時点で、すぐにアドビCCを使うことができますよ。早速ダウンロードしていきましょう。

まとめ

デジハリ・オンラインスクールを利用することで、アドビCC(コンプリートプラン)を格安で購入することができる方法についてお伝えしました。

 

この申し込みから一年後、今回のライセンスは期限が切れてしまいます。

ですが、再び今回と同じように、デジハリ・オンラインスクールで「Adobeマスター講座」を利用することが可能です。

これは本当にお得です。

ちなみに、こちらはアドビのマイアカウントページでの表示です。

ちゃんと「在学資格」となっていますね。

学校名も「デジハリ・オンラインスクール」です。とはいえ、学生証は発行されませんので、あしからず。

 

以上、Adobe Creative Cloud(アドビCC)を格安で購入する方法についてでした。

ソフトをしっかり使いこなして、良い画像・動画を作っていきたいと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です