『カリパイの日々』 の後を受け継ぐ新たなサブサイト!その名も『カリパイの部屋』

無料でできる「英語力&忍耐力」向上トレーニングは楽しいな!【その2】

どーもこんにちは!カリパイです。

自宅のインターネット回線を、DSLからFiberへ変更(回線速度アップ)するチャレンジに挑んだカリパイ。

迅速・快適対応の70%を引けるか、それとも地獄対応の30%を引いてしまうのか。

というのが前回のお話でした。

 

引いちまったよ30%を

まぁ話の流れからするとそうですよね。

もし快適対応であったなら、こうしてブログ記事になってませんから。

 

というわけで、長い戦いの幕開け。今回はメッセンジャーでのやり取りです。

ちなみに、問い合わせを開始した時刻は午後1時頃です。

まずは、以下のことを聞いてみました。

  • 自分のエリアは本当にFiber対応なのか?

カリパイ「今日グローブショップへ行ってFiberの話を少し聞いてきたんだけど、私のエリアが対応可能かどうか調べてもらえますか?」

Gie「了解です!少々お待ちください」

少々ね。オッケー。

と待ってたけど、返事なし。

30分後、ようやく返事が来ました。

Gie「何かご希望のプランについて考えはありますか?それとも私におすすめを提案してほしいですか?」

ん?エリアが対応可かどうかを聞いたんだけど、希望のプラン?

まぁいいやと思い直し、今の自分のプラン、Fiberが可能だった場合のプランについて説明しました。

すると今度は、すぐに返事が来て、料金プランの説明が送られてきました。

パッと見て分かるのですが、この説明はコピペ。

恐らくマニュアルにある文章をそのまま貼り付けただけですね。

それで、その中から希望するプランを伝え、もう一度念押しをしました。

カリパイ「ところで、Fiber対応可能かどうかって確認済ですか?」

このメッセージのあと、返事が来ません。

40分後。やっと返事が来ました。

Gie「私が確認したところ、あなたのモデムの修理について8月20日に予約が入っていますね。テクニカルスタッフからの連絡が行きますので、連絡先を教えてください。」

はっ?モデムの修理?8月20日に予約済?何の話だ??

もしかして自分の英文がおかしかった?いやそんなはずはない。

そう思いながら、念のため確認してみることにしました。

カリパイ「私はモデムの修理など依頼していませんよ。もしかして、あなたは私と誰か他の人を取り違えていませんか?」

Gie「あなたの名前を教えてください」

えっ?最初に伝えたのに・・・

ここでキレても仕方ありませんから、気を取り直してもう一度名前を伝えました。

Gie「今からFiberについて確認しますので少々お待ちください」

えっ?さっきのモデム修理の話はもう済んだの?ていうか、さらーっと流すね。そっちが勝手に勘違いしてたんでしょ?でしょ?

 

3分後に返事が来ました。

Gie「あなたのエリアは利用可能です」

 

やっとかよ!やっと本題に入って答えがもらえたよ!

ここまでくるのに長すぎるわ!

 

最初のメッセージから約1時間半。

ようやく、「エリアが利用可能かどうか」という超入口の会話が成立しました。

 

いつもだと、もっと対応力の高いオペレーターで、サクサクッと用件が済むのですが・・・。

今回はハズレを引いてしまったようですね。

でも、懸命に相手に伝わりやすい英文を考え、待たされても会話がかみ合わなくても相手を責めることなく、本来自分が果たしたい目的のために最善を尽くす。

そんな素晴らしい体験を、しかも無料でできるんですからお得ですね。(棒読み)

その後、メッセージでやり取りを続けること3時間。

ようやく、回線変更の申し込みが完了しました。

さすがに、途中でくじけそうになりましたが、話がかみ合わない相手に対してよくぞ粘ったカリパイ!

 

それで結局のところ、今日現在まだインターネット回線の切り替えができていません笑。

なおも現在進行中で、いろいろ頑張ってます。

全てうまくいったあと、気が向いたら今回の顛末についてブログを書くかもしれませんが、いつになるでしょうね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です