『カリパイの日々』 の後を受け継ぐ新たなサブサイト!その名も『カリパイの部屋』

【ほっこり話】少年!その気持ちを忘れず大人になるんだ

どーもこんにちは!カリパイです。

二度寝から目覚めた日曜日の朝。

外を見ると、久しぶりにまぶしい日差しじゃないですか!

よし!予定変更!

急いで身支度をし、バイク動画の撮影に出掛けました。

※その時、時計の針はすでに昼の12時を指していたことは内緒です笑

 

このところ日差しが弱いセブ。

涼しくて快適なんですが、バイク動画の撮影となると、強い日差しが欲しいんです。

今日に関しては、100点のコンディションではありませんでしたが、最近の中ではまずまずの撮影日和でしたね。

おまけに、日曜日ということもあり、どこも道路はガラガラで渋滞無し!※一部あり

たーっぷり撮りためることができ、大満足でした。

 

そんなこんなで、家の方まで戻ってきて、いつもよく行くコンビニに寄ったときのことです。

 

喉の渇きを潤すためジューズを手に取りレジへ向かうと、お母さんと3人の子どもが先に会計をしていました。

その途中、子どもたちが「ソフトクリームを食べたい!」と言い出し、お母さんも何やらムニャムニャ言いながら、とにかく、手際よくと言うよりモタモタしていました。

あぁ・・・これはまだ時間がかかりそうだなぁ・・・。

いいんですよ。

こっちも特に急いでいるわけではないから、のんびり待ちましょう。

 

そう心の中でつぶやき、どこにというわけでもなく、辺りをぼーっと眺めながら自分の順番が来るまで待っていました。

するとです。

 

「ねぇねぇおじさん・・・」

え?おじさん?だれ?

声のする方を見ると、ソフトクリームをねだっていた子どもではありませんか。

「ねぇねぇおじさん」と言いながら、カリパイの腕を引っ張っているので、どうやら彼の言うおじさんとはカリパイのことのようです。

おいコラ!このクソガキが!誰がおじさんじゃボケ!!

などと言うわけないじゃないですか。

 

ん?どうしたの?と優しく答えると、彼はこう続けました。

「おじさん。このお金、ここに落ちてたんだけど、これおじさんのお金ですか?」

そう言って、カリパイに差し出したのは100ペソ札が4枚、計400ペソ。

あれ?自分がお金を落とした?

いや、そんなはずはありません。所持金はすべて財布の中に入っているし、まだ財布を出してもいませんから。

うーん、そのお金はおにいさんのではないよ。となりにいるおじさんじゃないかな?

そう少年に言った後、カリパイの後ろに並んでいたおじさん(本当におじさん)に、「この子が持っている400ペソ、あなたのではないですか?」と聞きました。

すると、そのおじさんは「あぁーー!!ありがとうございます!ありがとうございます!」と言って、たいそう喜んでいました。

 

この際、その400ペソが本当にそのおじさんのものだったかどうかは、カリパイにとってはどうでもいいんです。

何が感動したかって、400ペソを拾った少年が、何の迷いもなく「これ違いますか?」と声をかけてくれたことです。

もしも、カリパイが少年の立場だったら、拾ったお金をそのままポケットの中へねじ込む確率50~80%ですね笑

フィリピン暮らしを続けてきた中で、「落とした方が悪い」という考え方が染みついてしまっています。

なので、この少年の行動に、心の底から感動してしまいました。

 

君エラいね!グッジョブ!

そう少年に声をかけ、思わず頭をなでなでしてしまいました。

その様子を見ていた彼の母親は、笑顔でカリパイにお辞儀をしてくれました。

 

うぉぉおお!!今日はなんて気分が良い日なんだ!!

 

カリパイたちのやり取りの一部始終を見ていた店員さん。

会計を済ませた後、何度も「ありがとうございました」とカリパイに言ってくれました。

 

一人の少年が、正直者としての行動をした結果、周囲にいた人たちみんなが何か幸せな気持ちになった。

今日は心がほっこりしましたよ。

 

少年よ。君は正直者でエラいね。

今日の君の行動は立派でした。

いいかい。今日の日のことを忘れてはいけないよ。

その気持ちを忘れず、素敵な大人になるんだよ。

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です