『カリパイの日々』 の後を受け継ぐ新たなサブサイト!その名も『カリパイの部屋』

【食レポ】セブで新たに見つけた日本の激安インスタントラーメン(麺のスナオシ)

どーもこんにちは!カリパイです。

ちょいとばかり久しぶりの投稿になってしまいましたね。

ここ数日、実はあれこれ踏んだり蹴ったり状態だったんですよ。

停電・断水・ネット断絶・暑すぎ・極度の肩こり・仕事用のイス破損

うん。お祓い行ってこようかな笑。

今現在、最初の3つは回復。残りの3つは諦めてます。

というわけで、根拠もなく張り切っていきましょう!

 

さて、今回は食レポ。

メインブログに書いてもよかったのですが、何と言いましょうかネタ的に2軍感が否めなかったので、こちらに書くことにしました。

先日「ロビンソンガレリアセブ」というショッピングモールへ行った話をブログに書きましたよね。

味噌ラーメンの店が無くなってたという話。

さらば味噌ラーメン

その日、食料品売り場で買い物をして帰ったのですが、そこで日本のインスタントラーメンを見つけました。

しかも、そのラーメン、個人的には日本でも見たことがなくて「おや?何このラーメン?」と興味をもったので買ってみることにしました。

この写真の中の「NEW」というポップが付いているところ。

日本語表記が見えますよね?

  • 豚骨醤油ラーメン
  • 味噌ラーメン
  • 塩ラーメン

どれも39ペソ。

1ペソ2円計算だと、約80円ですか。

輸入品ということを考えるとかなり安いですよね。

それで、このインスタントラーメンを作っているメーカーが気になり、調べてみました。

株式会社 麺のスナオシ

茨城県にある、即席麺を扱う会社のようですね。

アマゾンで調べてみたら、同じものがありました。

レビュー等を見ると、激安系のインスタント麺みたいです。

多分、ドンキホーテとかでも売ってると思います。

今この記事を読んでいる人の中に「あぁスナオシね!知っている知ってる」と大きくうなずいている人もいるでしょうが、わたくしは、これ、初めて見ました。

パッケージだけ見ると、めちゃくちゃ美味しそうです。

でも、激安系の即席麺なら、過度な期待は禁物ですよね。

というわけで、実際に調理して食べてみることにしました。

 

まずは、一番気になっていた味噌ラーメンから。

何度も言ってますが、カリパイは大の味噌ラーメン好き。

おっと、あまりハードルを上げてはいけませんね。

袋の裏側はこんな感じ。日本のものを輸入したってことがわかりますね。

袋の中身は、麺と粉末スープです。

調味油的な液体系のスープは入っていませんね。

ハイ、出来上がり。

今回はそのまんまの味を確かめたかったので、卵やらネギやら何も入れてません。

なので、思いっきり素っ気ない感じです。

どうですか?見た目は味噌味がしそうなスープの色ですね。

口に入れてみた感想としては「ほんのーーり(わずかに)味噌の味がしないでもない」といった感じです。

味噌ラーメンと言われればそんな気もしますし、醤油ラーメンと言われればそうともとれるかも。

ズバリ言うと「味噌風味のような気がする味の薄いスープ」です。

麺はどうでしょうか。まぁ麺はそこそこいい感じですね。

フィリピンのインスタント麺と比べると、確かに「これは日本クオリティだ」と思えます。

以上のことから、味・価格のトータルでは十分ありですね。

特別おいしくはないが、まずくもない。安いから納得。

これがカリパイの個人的な感想です。

 

せっかくなので、残りの2つも見てみます?

いいですよ。

2つめは豚骨醤油ラーメンです。

すでに期待値は5%ほどですが、食べてみないとわかりませんよね。

味噌ラーメンと比べて、スープの色は少しだけ薄いでしょうか。

味はですね・・・。

これ、味噌ラーメン??

少なくとも豚骨醤油ではない気がします。まさか自分って味音痴だったのか?と心配になるほどのよくわからない味。

麺は同じです。

 

はい、次へ行きましょう。

3つめは、塩ラーメンです。

さすがにね、塩ラーメンは塩味がするでしょうよ。

おぉ!見た目はサッポロ一番塩ラーメンのようですな。

香りも何となく、それに近いかも?

実際に食してみると、うん、確かに塩ラーメンですね。

3つの中で、商品名と味がマッチするのはこれです。

麺は同じでーす。

 

というわけで、日本でも食べたことがなかったインスタントラーメンを、セブで初めて食べてみました。

日本には本当に美味しい即席麺がたくさんありますよね。

スナオシさんのラーメンは、企業努力によって価格をかなり抑えたものです。

「高いものは美味しい」とは言いませんが、先ほども言ったようにこの価格でこのクオリティなら、十分満足できると思います。

ましてや、日本を離れセブ島で暮らしている身としては、「なんちゃって」でも日本の味を安価で味わうことができるなら嬉しいですよ。

ただ、難しいところですよね。

このスナオシのラーメンを食べたフィリピン人が「おぉこれが日本のクオリティか!」と思うのもどうかと。

とはいえ、大手企業が発売している即席麺は高いですからね。

 

結論

個人的に今回のラーメンは嬉しい発見だった。

でも、たまーに食べる感じでいいかな。

具材を加え、自分で味のアレンジをすればそこそこいけるかも。

 

また何か面白いものを発見したらご紹介しまーす。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です