『カリパイの日々』 の後を受け継ぐ新たなサブサイト!その名も『カリパイの部屋』

映画『ロッキー』シリーズについて語る/セブ島からスタローン愛を語りたいシリーズ第2弾

どーもこんにちは!カリパイです。

前回の記事で「ロッキーとランボーのどちらが好きか?」というテーマを挙げましたが、その議論の前に両映画について掘り下げていきましょう。

そこで、セブ島からスタローン愛を語りたいシリーズ第2弾の今回は、映画『ロッキー』シリーズについて語っていきたいと思います。

ボクシング映画『ロッキー』

「ボクシング映画と言えばロッキー」と言っても過言ではない、超有名な映画ですよね。

主人公のロッキー・バルボアが、ド根性で勝利をつかみ取る。

ちょっと不器用で、それでいて友情を最も大切にする熱い男。それがロッキー・バルボアです。

映画ロッキーはシリーズもので、2019年現在までに以下が公開されています。

  • ロッキー
  • ロッキー2
  • ロッキー3
  • ロッキー4/炎の友情
  • ロッキー5/最後のドラマ
  • ロッキー・ザ・ファイナル

当然ながらカリパイはすべて観ています。おそらく、全シリーズ合わせてトータルで100回以上は観ていますね。

いや冗談でもなんでもなく本気ですよ。

ただ、個人的に『ロッキー5』は最も鑑賞回数が少ない映画ですね。

理由ですか?正直に言いますが、面白くないからです。

逆に最も多く観ているのは『ロッキー4/炎の友情』ですね。

理由は、映画で使用されている音楽が良いんですよ。サウンドトラックですね。

確か当時のキャッチコピーに「聴く映画」って書いてありました。

ロッキーのサントラと言えば、サバイバーの「アイ・オブ・ザ・タイガー」が一番有名かも知れませんが、カリパイの一番お気に入りはロバート・テッパーの「ノー・イージー・ウェイ・アウト」です!

Robber Tepper/ No Easy Way out

この曲はロッキー4で使用されました。

大親友のアポロをロシア(※映画中ではソ連)のドラゴに殺されたあと、アポロの仇をとるためにドラゴと試合をすることを決めたロッキー。

しかし、それを妻エイドリアンに伝えると、彼女は猛反対。

「ドラゴに勝ってもアポロは帰ってこないのよ!」「相手は殺人マシーン。あなたも殺されるわ!」

ロッキーのことを心配するエイドリアンはそう叫びます。

そして「あなたはどうして考え方を変えられないの!」とロッキーを責めるんです。

それに対してロッキーは「俺はファイターだ!それは今までもこれからもずっと変わらない!」と珍しく?エイドリアンに反論します。

そして、エイドリアンの理解を得られなかったロッキーは、一人で夜の町へ車を走らせます。

そのシーンでこの曲「ノー・イージー・ウェイ・アウト」が流れるんですね。

超カッコいぃいいーーーー!!

このブログ記事にたどり着いた人で、ロッキー4をまだ観たことがない人はいないと思いますが、もしも、万が一、いや億に一つ「実はまだ観たことないんですよね」という人がいましたら、ぜひ一度観てください。

そして、先ほどのシーンで流れるこの曲にシビれてください。

ちなみに、カリパイはロッキー4のサントラ、カセットテープで購入しましたね。いやぁー懐かしいなぁ。

当時はまだCDじゃなかったですからね。もうね、聴き過ぎでテープがすり切れることが怖くて怖くて。その解決方法として、テープをダビングしました。

ダビングってまた懐かしい言葉ですね。今の中高生なんかはこの言葉知らないんじゃないでしょうか。

テープのダビングとかビデオのダビングとかね。そういうのをやってくれる店もありましたね。

 

さて、本題に戻ります。

確かにロッキー4を一番数多く観ていますが、すべてのシリーズにそれぞれドラマがあり、どれも好きです。

「あぁ今日はロッキーを観たいな」という時、その時の心の状態によって作品を選んでいます。

  • 筋トレのテンションを上げたいとき:ロッキー4
  • 落ち込んだとき:ロッキー
  • めちゃくちゃ落ち込んだとき:ロッキー2
  • ロッキー2を観た後についつい観ちゃう:ロッキー3
  • 親子の絆に触れたいとき:ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー5は・・・観ません笑

 

どのシリーズにも同じことが言えますが、ロッキーって試合の勝ち負けがどうのこうのというより、そこまでの過程がいいんですよ。

苦難を乗り越える過程、大きな結果をつかみ取るまでの道のりに、大きなドラマがあります。

最初の映画「ロッキー」では、勝利できませんでした。しかし、エイドリアンとの掛け合いには涙が止まりません。

そうそう。ロッキーシリーズを観ると、いつも泣いてしまいますね。

もう何回も観ていても、いつも同じシーンでウルッときてしまいます。

 

気持ちが弱ってきたとき、挑戦にくじけそうになったとき、そんな時はロッキーシリーズを見るようにしています。そして勇気をもらいます。

あんなにボコボコに打ちのめされても、何度も立ち上がる。

絶対にかなわない相手だと分かっていても絶対に諦めない。

そして、周囲の予想を覆し勝利をつかみ取る、または、こいつはスゴいやつだ!と評価される。

シリーズの多くが70~90年代の映画ですが、2019年の今日でも学ぶべき内容がたくさんあると思います。

 

さて、今からロッキー4を観ますかね笑

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です