『カリパイの日々』 の後を受け継ぐ新たなサブサイト!その名も『カリパイの部屋』

『オデッセイ(The Martian)』一人で火星に取り残されるって辛すぎでしょ

どーもこんにちは!カリパイです。

みなさんは火星に行ったことがありますか?

えっ?よく行くよって?

いいですね。カリパイは残念ながらまだ行ったことがありません。

という茶番はここまでにして、今日は先日たまたま観た映画についてお話ししたいと思います。

 

『オデッセイ』

原題:The Martian

 

この映画は2015年公開、リドリー・スコット監督、マッド・デイモン主演のSF映画ですね。

 

超おおざっぱにあらすじを説明すると、宇宙飛行士(マッド・デイモン)がアクシデントで火星に一人取り残されてしまい、何とかして生き延びる彼と、そんな彼を救出しようとする人々のドラマって感じです。

 

 

2015年公開のこの映画、今からもう3年近く前の映画です。

ハッキリ言って、めちゃくちゃ面白かったのに、なんで見逃していたんだろうと思いますね。

ネットで調べてみると、2018年8月に「金曜ロードSHOW!」で放送されていたようなので、観たことある人も多いかと思います。

まだ観てないよっていう人は、観た方がいいですよ。

正月休みの空いた時間にでもどうでしょうかね。

 

さて、ここからは、この映画を観たカリパイの感想を述べていきたいと思います。

「まだ観てないからネタバレやめてけろ!」という人は、どうかこのブログをそっと閉じてください。

そして、映画を観終わってからもう一度お越しくださいませ。

ではいきますよ。

火星で一人きりってどんな世界?

想像してみてください。火星って地球外じゃないですか。

つまり、酸素が無かったり、重力が違ったりしてますよね。

生命を維持するための装置、例えばシェルターや宇宙服などに何か問題が発生してしまえば、その時点でジ・エンドとなるわけです。

そのような物理的な要因も想像するだけで大変なのですが、何より「何かあったら」という精神的な負担が大きそうです。

例えが合っているかどうか分かりませんが、車で海底トンネルを走行中に「万が一トンネルに穴が空いたらおしまいだ」と恐怖を感じるのと似ている?いやそれ以上ですよね。

 

そしてやはり辛いのが「一人きり」という点でしょう。

愚痴をこぼす相手も無く、一人っきりですべてやり抜かなければなりません。

残っている食料のことを考えれば、仲間がいない方が逆に生存日数は伸びますが、問題は孤独に耐えられるかどうかでしょう。

あれ?でも考えてみれば、今のカリパイの生活も似たようなものかも??

ひどいときは、何日間も言葉を発しないし、誰とも話をしないぞ・・・。

そう意味では、自分は孤独に耐えられそうですね笑。でも火星で孤独は無理です。

 

火星って遠すぎるじゃん

ストーリーが進んでいくと、主人公と地球(NASA)でコミュニケーションを取れるようになります。

それで、よし!救出作戦だ!となるわけですが、遠いんですよ。火星が。

水金地火木ってかぞえると、地球の隣にある火星ですが、「じゃあちょっくら行ってくるわ!」って距離じゃない!

地球から火星までの距離、なんと7,528万キロメートル!

7,5280,000Kmですよ。

月までが38万キロメートルですから、考えただけでも絶望的ですよ。

今すぐ救出チームが地球から火星に向かうとしても、到着するのは何ヶ月も先になるわけです。

 

えっ?じゃあ主人公は救出されなかったの?と気になりますよね。

安心してください。彼は無事救出されました。

どうやってかというと、地球に帰る途中の彼の仲間が、命をかけて火星に引き返したんです。

この辺りの描写が、ドラマチックに描かれおり、この映画の一つの見所になってますよね。

 

自分を信じて突き進むことの大切さ

火星で一人きり。

救出がくるのかどうか定かではない。

地球からめちゃ遠い。

こんな条件下で、希望を持って生き続けることって簡単ではないですよね。

言葉では言えますよ。希望を持て!って。

でも実際問題、絶望的な状況なわけで、普通の人なら心がとっくの昔に折れてますよ。

でも、さすがは宇宙飛行士になるだけの人物。肉体的にも精神的にもタフで、頭脳も明晰。

凡人では無理です。

とはいえ、これは映画の中の設定なのでその点は無視するとしても、やっぱり「いつか助けが来るかも」「絶対に生き延びて地球に戻るんだ」と自分を信じて行動し続けることの大切さを感じましたね。

うんうん。マッド・デイモン、イケメン過ぎますよ。

 

まとめ

とまぁこんな感じで、映画の感想をダラダラ紹介してきました。

結局何が言いたかったかというと、「一人きりでも頑張れば何とかなる」ということですかね。

そして、地球に戻るまでの行動や経験が、その後の彼の人生に大きな影響を与えることになるわけです。

「あのときはもうダメかと思ったけど、何とかなるもんだな」みたいなね。

 

ハッピーエンドの映画なので、観終わった後の気持ちは軽いです。

この正月休み、もし時間があれば観てください。

 

また機会があれば、映画紹介をしていこうかと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です